心配事2

今日は夕方からバタつく日だった…

あと3日で終業式だというのに長女が帰宅後熱を出して寝込み、
6時過ぎには、明日校了までもっていかなければならないチラシの原稿が入り、
7時半からは小学校の関係で親の話し合いがあり、
またこれもくじ引きで支部長を引き当てるという運の無さで司会進行もやらされ
なんだか疲れていた最中、今度はまたモココの飼い主H子から連絡が入った。

開口一番 『あそこはとんでもない医者やってーー!!』 でした。

きけば、病院から連絡がきて、
骨がずれてしまったので手術をしなければならないと言われた様でした。
H子曰く、ギブスで固定し安静にしなければならないということで入院させたのに、
なぜ骨がズレるのか?納得いかない!と。
そして来院した時にうけた手術の方法が、最初の説明から何回も変わった。
本を見ながらの説明で、ホントにこの医者は大丈夫なのか?と不信感を抱いたようでした。
ちょうど私も司会進行中でゆっくり話が聞いてやれる状態ではなかったので
後で必ず連絡を入れるからと電話を切った。

2時間後に連絡をとると、さっきはえらく興奮気味だったH子も落ち着いていた。
先生からは、ピンのようなものをいれる手術になるが、骨が細いので最悪の場合
骨が砕けてしまう可能性がある。そうすると足を切断しなければならない。と…
それを聞いたH子は逆上して病院を変えるべく退院要求をしたそうです。
そこでも、今日は退院させられない! 退院する! の問題が起きてしまったようでこじれる一方。
結局5万円を仮において退院し、いつもの病院へ連れて行ったそうです。

そこでは、手術もそんなに心配する事は無いと言われたようで、
ホッとしている様子が伝わってきました。(正直わたしもホッとした)

時間がたって落ち着いたせいか、うちが通っている事に気を使って
まぁ、先生も獣医なんだし大丈夫だとは思うんだけど… といっていました。
私も近いという理由であそこに行っているだけで、
先生との相性もあるし、病院に不信感があったらいかないほうがいいと思う。
私たちだって、おかしいと思ったり納得いかなければ病院をかえる
今回聞いたその病院は、夜は6時から8時が診療時間だというので時間も魅力
仕事後に行けるので、嵐丸のワクチンはそこに連れて行ってみようと思いました。

とにかく、モココがんばれの日々はまだ続きそうです^^;
[PR]

by plus1991 | 2005-03-22 23:42 | ご近所わんにゃん