「ほっ」と。キャンペーン

チョコお嬢の病気

昨年11月に書いてた記事
チョコにおこった悲劇、非公開設定のままだったので今頃UP( ̄▽ ̄;)アハハ…


9月、いつも元気にもりもり食し、出し、寝る!! の病院知らずだったお嬢の体に異変が、、、、

最初はトイレにちょっと血のようなものが混ざってる?程度で、チョコか嵐丸か分らなかった。
んが、ある事がきっかけで判明したんです。
チョコが玄関で粗相をしてしました。
いままで見たことも無い、真っ赤な血の色のおしっこ・・・・血尿です。
ビックリして私は半泣き。が、泣いている余裕はなく病院行きです。

検査の結果・・・膀胱に石があるとのこと。
そして、採取した尿の中にある細胞から、もしかして腫瘍がある可能性もあるといわれ、
薬で徐々に石を溶かしていく方法ではなく、開腹手術の選択となった。

一週間後、手術で石をとってもらいました。幸いにも腫瘍は無かったので一安心です。
一日入院の後、翌日の夕方迎えに行きましたが、膀胱の傷が開いてはいけないので、
膀胱におしっこをためない為カテーテルが入れてあり、おしっこが直接でるようにしてあるので
お嬢にゃんには悪いがオムツを装着。その生活が一週間続くことに。。。
しかし、彼女は上手にオムツを外して歩き回るので、隔離してある私たちの寝室の床などに
おちっこが点々と・・・こんな姿だったものね( ̄▽ ̄;)アハハ…
b0065499_2156184.jpg



仕事があるし、私がずっとついているわけにもいかないから、抜糸までの一週間を入院させる。
という選択をパパは望んでいたけど、神経質なチョコお嬢の性格を考えるとどうしても決断できず、
傷口の消毒時だけはパパにも抱っこしててもらったり協力してもらうという事で、自宅療養となる。

問題はトイレ・・・オムツをしているとウンPが上手く出来ない。
オムツを止める為、二日目にはペットシーツを敷き詰めトイレを入れた状態のケージの中に、
エリザベスカラーをつけた入っていただき生活してもらう事に(^▽^;)
本にゃん的にオムツが取れたことで結構快適なケージ生活らしかったですが、
エリザベスカラーをつけたまま傷口をなめようとするので、その度に縁が傷口に当たってしまい、
途中で傷口が赤くなってしまうという状況発生、病院に駆け込むという事態にもなりました。
まぁそれも何とか乗り切り、抜糸をしてもらったときはホッとしました。

んが、
嫌なことをするママということで、私の顔を見ると逃げるように・・・(>ω<、)
一人だけめっちゃ悪者やん......

b0065499_2156165.jpg

ん~なかなかイイ感じに生えてきてる♪


2012年の現在は、しっかりフサフサおちりになっております。
良かったねチョコお嬢 v(о・ω・о)v
b0065499_16245810.jpg

[PR]

by plus1991 | 2012-07-20 17:06 | メインクーン 猫